漢方外来は、月曜日のみの診療となります。

漢方外来とは

漢方外来イメージ写真 畠山昌樹医師
日本整形外科学会専門医・漢方専門医

漢方外来とは、主に漢方薬を用いて治療を行う診療科です。
そのため、漢方特有の診察方法でもある脈診、舌診、腹診なども取り入れています。
なお、当院医師が処方する漢方薬につきましては、保険適用されるものを使用しています。

漢方という医学は、6世紀に中国から日本へと伝わったものですが、その後日本国内で独自の発展を遂げてきました。
時代は流れ、明治以降になると日本は西洋医学が主流となって、漢方などの東洋医学は脇に追いやられる形となりました。
ただそのような不遇な時代にあっても、多くの医師が漢方医学の発展に尽力したことで、昭和の時代に入ると再び見直されるようになり、現在は大学の医学部の講義でも必須科目として扱われています。

なお漢方で処方される漢方薬ですが、これは複数の生薬を組み合わせたもので、生薬とは自然界にある植物や動物、鉱物のなかで薬効を持つとされているものです。
ちなみに風邪の初期に用いられやすい桂枝湯と呼ばれる漢方薬は、桂枝、芍薬、大棗、甘草、生姜が配合されたものです。

処方にあたって

そもそも漢方薬は、ヒトが本来持っているとされる「自然治癒力」を高めるもので、体質を改善することで、病気を治したり、症状を緩和したりします。
したがって、西洋医学のように病名で診断することはなく、処方される方の体質や病気の状態によって最適な薬(漢方)を選び、使い分けることが大事です。
つまり、同じ症状(病気)の方に同様の漢方薬を使用したとしても、効果の出方に個人差があります。
それゆえ、漢方の専門医が患者様を診察して、患者様に合った漢方薬を、患者様に合った飲み方で処方する必要があるのです。

処方に関しては、漢方薬のみにこだわる必要はありません。西洋医学の治療薬と併用して使うことができます。
実際、他の内科などで処方されているお薬を服用し続けながら、漢方薬を併用することが多いのです。

  • 冷え性
  • めまい
  • のぼせ
  • むくみ
  • 不眠
  • 便秘 など

診断がつかない体調不良なども、漢方薬で体質の改善することで症状が緩和されたり、治ったりすることが良くあります。
病院で詳しい検査を受けたけど、大きな異常や病気が見つからなかった場合にも、あきらめることなく、漢方の専門医にご相談頂き、体質を改善して、健康な身体をしていきましょう。
また長く飲んでじっくり効く漢方薬もありますが、風邪の時の葛根湯のように、数日から1週間程度で効果があらわれる漢方薬もありますので、ご自身で決めつけず、漢方専門医にご相談下さい。