運動不足を解消する下半身のトレーニング(スクワット)

  • 2020.05.15

こんにちは。足立区 わしざわ整形外科 理学療法士の柴崎、柳瀬です。

立ち上がる時にヨイショッ!と言ってしまう、階段の上り下りが辛い…。
こんなことありませんか?
ケガや痛みがなくても人間の体は加齢に伴い変化してくるものです。
関節は硬くなり、筋肉も弱くなり、歩いていても躓きやすくなってしまう…。
そんな時に最適な運動の一つが、“スクワット”です。

それではやり方を説明します。

1:肩幅、またはそれより少し広めに足を広げ、膝とつま先の方向が同じになるように立ちます。

2:おしりを後ろに引くように中腰程度まで膝を曲げていきます。
10回を3~5セット行います(必ず痛みが伴わないことが大事)

*間違ったやり方
膝がつま先より前に出たり、内側に入らないように気を付けましょう。
また、上半身が起き上がらないように注意しましょう。

鏡の前で姿勢を確認しながらやってみるとより効果的です。

最近のスクワットに関する研究結果では、膝や股関節周りの筋力の改善だけでなく、サルコペニア(※)における呼吸機能(肺活量)の改善も報告されています。
少しずつでもいいのでコツコツとやってみましょう。

ご相談があれば、お気軽にご来院下さい。
あの素晴らしい体をもう一度!!

※サルコペニア:筋肉量や筋力が低下した状態。将来的な移動能力の低下、身体障害などを引き起こす可能性が高い。

足立区竹の塚の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
わしざわ整形外科

〒121-0813 東京都足立区竹の塚2-20-8 竹の塚メディカルビル2F
休診:日曜日・祝日・木曜日午後
駐車場35台あり

PAGE TOP