肩痛・肩こり改善ストレッチ① (小胸筋)

  • 2020.05.18

こんにちは、足立区 わしざわ整形外科 理学療法士の篠山です。

今回は肩のストレッチをひとつご紹介したいと思います!

肩を上げる時、肩が痛いなどの症状がある場合、肩甲骨と腕の骨が衝突して痛みを引き起こす事があります。
その場合、肩甲骨の動きが悪くなることで、腕の骨が衝突を引き起こしてしまうことが原因の1つになります。
肩甲骨の動きを悪くする要因はいくつかあるのですが、原因の1つに胸前の筋肉(小胸筋)の硬さがあります。またこの筋肉が硬くなることで、肩が前に入り【まき肩】にもなるため肩こりの原因にもなりうる筋肉です。

そこで、小胸筋のストレッチをご紹介したいと思います。

それでは方法を説明します。
1: 壁に肘を曲げた状態で肘、手をつけます。
2: 腕を壁につけたまま、胸を前に突き出すようにして伸ばしていきます。
3: 10秒から20秒ほど保持し、5〜10回行います。

足立区竹の塚の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
わしざわ整形外科

〒121-0813 東京都足立区竹の塚2-20-8 竹の塚メディカルビル2F
休診:日曜日・祝日・木曜日午後
駐車場35台あり

PAGE TOP