作成者別アーカイブ: 整形外科わしざわ

院外活動:全国高校野球選手権西東京大会決勝メディカルサポート報告

こんにちは

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。

R1年7月28日(日)に神宮球場にて行われた全国高校野球選手権西東京大会決勝にメディカルサポートのメンバーとして参加してきました。

決勝は、国学院久我山高校 VS 創価高校の対決でした。8回まで同点と白熱した試合でしたが、9回表に国学久我山高校が勝ち越しし、4-2で勝利!!28年ぶり3回目の甲子園出場を果たしました。

今大会もすべて終わり、メディカルサポートチームとしては、大きな怪我なく大会が終わりよかったと思います。今後も選手のために少しでも力になれるように、メディカルサポートチームのメンバーとして活動を続けていきたいと思います。

夏季休診日(R1年8月11日~R1年8月15日)のお知らせ

夏季休診日のお知らせです。

R1年8月11(日)~R1年8月15日(木)

R1年8月16日(金)より通常通り、診療いたします。

当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑おかけ致しますが、                 宜しくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク期間(4月28日~5月6日)、休診のお知らせ!!

ゴールデンウィークは、下記の期間休診致します。

H30年4月28(日)~H30年5月6日(月)

なおH31年4月27日(土)は、午後15時で受付終了になります。                                                   またH31年5月7日(火)は、午前9時より通常通り、診療いたします。                       長期間の休診になるため、お薬に関してましては、受付・担当医師に申し付け下さい。                          当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑おかけ致しますが、宜しくお願い申し上げます。

学会発表:第27回埼玉県理学療法学会

こんにちは。

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科理学療法士の柴崎です。

  今回、平成31年1月13日に大宮ソニックシティで行われた【第27回埼玉県理学療法学会】にて口頭発表をしてきました。 発表演題は『コンピューターフリーソフトを用いた疼痛部位の面積測定方法の信頼性』であり、発表の主旨は如何に簡便に患者さんの訴える痛みの部位をデータ化することができるか、その方法を昨年6月から集めたデータを元にまとめたものです。発表当日は、発表時間の7分を超えないかだけが心配でしたが、事前練習の成果もあり、無事に発表時間内に終えることができました。座長の先生を含め、会場からの質問もたくさん頂くことができ、セッション内でも最も活発に意見交換ができた演題になったかと思います。頂いた質問をまとめると、『如何に今回の結果を改良していくつもりか?』ということだと解釈していますので、今回頂いた意見を参考に今後の論文執筆に活かしたいと思います。

 また今回、私の発表に帯同する形で、理学療法士の柳瀬と平木の2名が勉強の為に参加してもらいました。学会は、他施設の色々な発表を見聞することで、自分の勉強になりますし、また他施設の理学療法士の方々と意見交換できる場なので、私含め3人とも発表者への質問を通じて他の職場の理学療法士の方々と意見交換ができたのは、とても有意義な時間を過ごし、良い経験であったと思います。普段の業務に没頭してしまうと、つい学会参加には足が遠のいてしまいがちですが、今後も当院からの参加や発表が盛んになるように、今回の経験を活かして参りたいと思います。

トランポリン森ひかる選手、来訪!!

トランポリン世界選手権シンクロナイズドで日本女子初の金メダル獲得!!

新年あけましておめでとうございます。わしざわ整形外科スポーツリハビリテーション技師長の遠藤です。

 1月7日、トランポリン選手の森ひかる選手が、足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科に来訪されました。森ひかる選手は、中学時代にケガした時に当院で治療していました。高校に入り、トランポリンに専念するため金沢に行き、約4年ぶりの再会でした。

森ひかる選手は、昨年の全日本選手権優勝アジア大会銀メダル、11月に世界選手権個人で5位、そしてシンクロナイズドでは、トランポリン日本女子初の金メダルを獲得し、飛躍した1年でした。2020年、東京オリンピック出場に向け、今年は勝負の年になるので、怪我しないで今年1年間、最高のパフォーマンスを発揮できるよう願っています。自分をはじめ、わしざわ整形外科は、今後も森ひかる選手を応援していきたいと思います。

年末年始(H30年12月30日~H31年1月3日)、休診のお知らせ!!

年末年始は下記の期間休診致します。

H30年12月30(日)~H31年1月3日(木)まで

今年は、12月29日(土):診療受付時間15時までとなります。                                        新年は、 1月 4日(金):9時から通常通り診療致します。

当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑おかけ致しますが、                              宜しくお願い申し上げます。

院外活動:東京都高校野球秋季大会決勝メディカルサポート報告

こんにちは。                                                                          わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。

H28年11月4日(日)に、神宮球場で行われた東京都高校野球秋季大会決勝にメデイカルサポートチームの一員として、理学療法士の柳瀬と参加してきました!!

決勝:東海大学菅生高校 VS 国士舘高校

今回自分は、メディカルサポートチームの責任者として活動したので、両校を状況見ながらサポートしました。試合は初回に国士舘高校が4点先制し、その後は緊迫した流れで、8回までに東海大菅生高校は3点を返しましたが、国士舘高校が何とか逃げ切り、10年ぶり6回目の優勝を果たしました。試合中も大きな怪我なく、今大会も終えることが出来ました。

 

研修会参加報告:Mark A.Jones Japan Tour2018研修会 IN岡山

こんにちは!!

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科の河邉です。

H30年7月27日〜29日の3日間、岡山県で開催された『Mark A.Jones Japan Tour2018』の研修会に私と、通訳スタッフの1人として、わしざわ整形外科の理学療法士である中村も参加しました。

今回の講師は、新潟開催と同じくMark A.Jones先生とHelen M.Jones先生です。Mark A.Jones先生の研修会は、2年に1度しか日本で研修会が開催されないため、直接講師から講義が受講出来る貴重な研修会であり、今回は岡山開催ということもあり中国地方、九州の方々が多く参加されていました。                今回の内容は、新潟開催と同様で「腰部・骨盤帯・股関節の検査・治療」について講義と実技を踏まえながら3日間行われました。3日間の研修会を通して、Mark.Jones先生とHelen M.Jones先生の講師2人から直接講義や技術を学ぶことが出来、患者さんの痛みの原因を見つけるための考え方や検査方法、それを治していくための治療法、自宅でやっていただけるようなエクササイズ等多くの事を学びました。また、中国地方、九州の理学療法士の方々の考え方や治療法なども聞いてくることができ、とても充実した3日間でした。

今回、学んだ知識や技術を当院の理学療法士だけでなく、当院へ来院してくださる患者様にも自身の痛みの状態・問題・予後について考えてもらい、患者様・家族・介護者などと一緒に満足頂けるよう日々勉強し精進していきたいと思います。

院外活動:全国高校野球選手権西東京大会準決勝メディカルサポート報告

こんにちわ!
わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。

H30年7月26日(木)に神宮球場にて行われた全国高校野球選手権西東京大会準決勝にメディカルサポートのメンバーとして参加してきました。

準決勝は、1試合目は日本大学第三高校 VS 東海大菅生高校、2試合目は国士舘高校 VS 日大鶴ヶ丘高校でした。今回、私はメディカルサポートチームの責任者として参加の為、全体を把握しながら両校をサポートさせて頂きました。当日は、連日からの酷暑から少し開放された感じがありましたが、2試合とも100回記念大会に相応しいハイレベルな試合でした。また大きな怪我もなく終わりよかったと思います。

研修会参加報告:Mark A.Jones Japan Tour2018研修会 IN新潟

こんにちは!!

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科の平安山です。

H30年7月20~22日の3日間、新潟県にある新潟市万代市民会館と看護リハビリテーション新潟保健医療専門学校で開催された『Mark A.Jones Japan Tour2018』の研修会にわしざわ整形外科から篠山、金子、柳瀬、平安山、第二わしざわ整形外科から渡邉の5人と、通訳スタッフの1人として、わしざわ整形外科の理学療法士である中村も参加しました。

今回の内容は、「腰部・骨盤帯・股関節の検査・治療」について講義と実技を踏まえながら3日間行われました。

IMG_0555

今回の講師は、理学療法士としてクリニカルリーズニングの第1人者であり、多数の参考書が出版されるほど大変有名である南オーストラリア大学のMark A.Jones先生です。近年、日本でもクリニカルリーズニングは重要視され臨床の基盤となりつつあり、日本でも【クリニカルリーズニングのすべて】という本が出版されています。Mark A.Jones先生の研修会は、2年に1度しか日本で研修会が開催されないため、直接講師から講義が受講出来る貴重な研修会であることから全国各地から理学療法士が集まり、自分も半年前からとても楽しみにしていました。

研修会を通して、1日目では1症例をグループディスカッション形式で症例検討し、たくさんの意見や考え方をディスカッションしました。2日目・3日目では、腰や股関節の痛み、骨盤帯への動きにより痛みの発生する原因を特定する評価から治療までの臨床推論の考え方と検査・治療技術の実技をMark.Jones先生とHelen M.Jones先生の講師2人から学ばせて頂きました。とても貴重な経験を得ることができ、とても充実した3日目でした。

今回、学んだ知識や技術を当院の理学療法士だけでなく、当院へ来院してくださる患者様にも自身の痛みの状態、問題、予後について考えてもらい、患者様・家族・介護者などとの一緒に満足頂けるよう日々勉強し精進していきたいと思います。