側弯症装具:シェノー装具装着症例①

こんにちは。 東京都足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士で側弯トレーナーの遠藤です。 当院で作製している側弯症装具は、シェノー装具(Cheneau brace)となります。 【特徴】 ①体の体型(姿勢)写真とレントゲン写真と3Dスキャンしたデータを元に作製する。 ②3次元的な矯正が可能。 ③軽くてコンパクト。 ④矯正力80%以上と高い矯正力を誇る。 3次元的に矯正できる世界基準の側弯症...

側弯症装具外来について

こんにちは。 東京都足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士で側弯トレーナーの遠藤です。 当院では、金曜日の午後に思春期(成長期)の特発性側弯症の治療の1つとなります側弯症装具(保険適応)を作製しています。 側弯症装具外来日:金曜日 午後3時~ 当院で作製している側弯症装具は、シェノー装具(Cheneau brace)となります。シェノー装具は、ヨーロッパにおける側弯症装具の考え方でDr.Cheneauにより1979年に考案され...

側弯症の原因は?

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士で側弯トレーナーの遠藤です。 側弯症は、大きく分けると機能性側弯(一時的な側弯状態)と構築性側弯(本当の意味での側弯症)の2つの側弯症があります。 今回は、一時的な側弯症と考えられる機能性側弯の原因について説明したいと思います。 【側弯症でお悩みの方へ】 当院で側弯トレーニングを行う場合、まずは機能性側弯症なのか?構築性側弯症なのか?を見極めることが、側弯トレー...

スマーターキットPROブロンズトレーナー資格取得

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。 11月27日に、東銀座にあるヴィンチトーレ銀座で開催された【スマーターキットPROブロンズトレーナー養成コース】に参加してきました。 スマーターキットPROとは、強度の違う2本のチューブとバンド&パドル、グリップを使い、水泳のプル動作やキック動作のトレーニングなど、ドライランドトレーニングとして実際に水中で泳いでいると同じような感覚でトレーニング出来るこ...

側弯症:日常生活での姿勢の注意点(矯正姿勢について)

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士で側弯トレーナーの遠藤です。 今回は、機能性側弯症になる1つの原因として普段の姿勢が考えられます。特に成長期においては、学校や家・塾など勉強時の姿勢やテレビを見ている時の姿勢(テレビの方向など)、寝ている時の姿勢など普段の生活でどんなところに注意して姿勢を気を付けたらいいのかを側弯の矯正姿勢という形になりますが、側弯トレーナーの立場から少しご紹介したいと思います。 ①座位姿勢につい...

PAGE TOP