カテゴリー別アーカイブ: 学会

学会発表:第27回埼玉県理学療法学会

こんにちは。

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科理学療法士の柴崎です。

  今回、平成31年1月13日に大宮ソニックシティで行われた【第27回埼玉県理学療法学会】にて口頭発表をしてきました。 発表演題は『コンピューターフリーソフトを用いた疼痛部位の面積測定方法の信頼性』であり、発表の主旨は如何に簡便に患者さんの訴える痛みの部位をデータ化することができるか、その方法を昨年6月から集めたデータを元にまとめたものです。発表当日は、発表時間の7分を超えないかだけが心配でしたが、事前練習の成果もあり、無事に発表時間内に終えることができました。座長の先生を含め、会場からの質問もたくさん頂くことができ、セッション内でも最も活発に意見交換ができた演題になったかと思います。頂いた質問をまとめると、『如何に今回の結果を改良していくつもりか?』ということだと解釈していますので、今回頂いた意見を参考に今後の論文執筆に活かしたいと思います。

 また今回、私の発表に帯同する形で、理学療法士の柳瀬と平木の2名が勉強の為に参加してもらいました。学会は、他施設の色々な発表を見聞することで、自分の勉強になりますし、また他施設の理学療法士の方々と意見交換できる場なので、私含め3人とも発表者への質問を通じて他の職場の理学療法士の方々と意見交換ができたのは、とても有意義な時間を過ごし、良い経験であったと思います。普段の業務に没頭してしまうと、つい学会参加には足が遠のいてしまいがちですが、今後も当院からの参加や発表が盛んになるように、今回の経験を活かして参りたいと思います。

学会:第44回肩関節学会参加報告

こんにちは                                                                            わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科技師長、理学療法士の遠藤です。

H29年10月6日(金)~8日(日)に、東京品川にありますグランドプリンスホテル新高輪で開催された第44回日本肩関節学会および第14回肩の運動機能研究会、第1回肩の看護研究会に第二わしざわ整形外科の理学療法士、渡邉と一緒に参加してきました。

IMG_20171007_164526 CIMG6141

今回、私は第14回肩の運動機能研究会の1日目においてポスター発表の座長を務めさせて頂きました。6演題あったのですが、活発な討論があり、研究発表の内容も日々の臨床につながる発表も多く、色々と勉強になりました。大きな学会で座長を務めたのが、今回初めてだったので、とても良い経験になりました。このような機会を頂きました、前職場で御世話になりました船橋整形外科病院の菅谷啓之先生ならびに高村隆先生に感謝致します。

第1回Spine Dynamics療法学術シンポジウム2015発表

SDシンポジウム発表写真

こんにちは!!

わしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、技師長の遠藤です。

今回、8月30日(日)に臨床福祉専門学校にて、第1回Spine Dynamics療法学術シンポジウム2015が開催されました。北は北海道、南は沖縄から総勢125名が参加され、その中で研究発表17件、経験発表21件の合計38件の発表がありました。今回、私は経験発表という形で『投球肩肘障害発症後、第3中足骨疲労骨折を併発した1症例』を5分という発表時間の中で、とても緊張しましたが、病態および疼痛が発生した身体的要因、そして治療について発表させて頂きました。今回、4回の治療で野球に復帰し、夏の大会にも間に合うことが出来、選手の希望に応えることができました。

今回の発表は、日々治療している中での症例発表になりますが、このようなアウトプットする機会を頂き、とても良い経験になりました。ありがとうございました。

今後も、さまざまなスポーツ選手および患者様によりよい医療・治療を提供できるように日々精進していきたいと思います。