健康維持のための高齢者に対する運動方法について

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の中澤・金山とアスレティックトレーナーの永安です。 今回は、健康維持のための高齢者に対する運動方法について紹介したいと思います。運動をすることは、筋力や身体機能の維持などの効果があります。特に高齢者の方々が行うことで、転倒予防や骨粗鬆予防になると言われています。では実際、何をどの程度実施するといいか、注意点も合わせて2つ紹介していきたいと思います。 A:ウォーキング(図1、2) ...

前十字靭帯損傷予防のトレーニング方法

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科の理学療法士の河邉とアスレティックトレーナーの西脇です。 前回の記事では、前十字靭帯損傷が生じる原因の一つとして、スポーツ中の切り返しやジャンプからの着地など、急激な体重移動などによりバランスを崩すことで、過剰に膝が内側に入り、前十字靭帯損傷を引き起こすことがあります。スポーツ時にバランスを崩さず、膝が内側に崩れるのを防ぎ、前十字靭帯損傷を予防する筋肉の1つとして、膝の衝撃を吸収する大腿四頭筋の働き...

転倒を防ごう!!~転倒予防のトレーニング①~

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の遠藤と河邉です。 転倒は、体力・筋力が低下すると起こりやすく、転倒することで骨折する危険性もあります。そこで今回、お家で簡単に出来る!!転倒を予防するための下肢のトレーニングを紹介いたします。 転倒の代表的な例として、「段差や落ちている物に足をひっかけて転倒」したり、「濡れた床で滑って転倒」などがあります。1)2)  転倒することで怪我や骨折をしてしまう可能性がありま...

膝の内外側の痛みは何で起こる?(膝蓋骨外側過圧症候群)

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科 スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の遠藤とトレーナーの菅原です。 今回のテーマは、膝の痛みで多い膝蓋骨外側過圧症候群という疾患について説明したいと思います。  膝蓋骨外側過圧症候群とは、太ももの外側についている靭帯や筋肉が過剰に働き、膝のお皿(膝蓋骨)が外側に引っ張られている状態で、その状態で動作を繰り返したことで膝の内側・外側に痛みが生じます。原因は、主に太もも内側の筋力低下やランニング・ジャンプなどフォー...

ランナー膝の治療:大殿筋のエクササイズ

こんにちは。 こんにちは。足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科 スポーツ整形外科リハビリテーション科 、理学療法士の野沢とトレーナーの西脇です。 今回は、大殿筋(お尻の筋肉)のエクササイズを紹介します。 大殿筋(お尻の筋肉)は、立つ・座わる・歩く・階段昇降など日常生活動作のほか、走る・ジャンプといった動作時にも働く、とても重要な筋肉です。さらにランナー膝(膝外側の痛み)の治療や予防・美尻(ヒップアップ)効果としても有効なエクササイズになります。 主な動きとしては、股...

PAGE TOP