良い姿勢を保つ筋力は、どんな筋肉?

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の遠藤です。 良い姿勢を保つためには、抗重力筋と言われている筋肉の筋力で姿勢を支えられるかが重要になります。 抗重力筋の筋力が低下すると姿勢が悪くなり、腰痛・首痛(肩こり)など様々な症状が出てくる可能性があります。 また良い姿勢が保持できないもう1つの理由として、上半身・下半身の柔軟性が低下することで背骨の可動性低下・抗重力筋の筋出力低下が引き起...

良い姿勢とは?

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の遠藤です。 今回は、良い姿勢とは何か?その身体的な条件は、どんなことか?について説明したいと思います。 良い姿勢を保持するため、重要になるのが背骨(脊柱)の状態です。特にS字カーブを維持・背骨の可動性が維持できているか・骨盤の歪みがないかがポイントになります。 良い姿勢の人ほど、筋力で背骨を支えられているためS字カーブや背骨の可動性が維持できていま...

肉離れになる原因は・・・?

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の遠藤です。 肉離れとは総称であり、筋断裂、筋挫傷、筋膜断裂などとも呼ばれ、筋肉間損傷と筋肉内損傷の2つに分類できる。 筋肉間損傷は軽症で、筋線維同士の結合が破綻するが筋線維自体には損傷がないため比較的早期にスポーツ復帰が可能です。それに対し筋肉内損傷では、筋線維の損傷は中等症であるが、筋線維の一部に断裂が起こると重症であり、その部位が瘢痕組織となることで疼痛が長く続き、 筋...

ジャンパー膝って、どんな痛み?

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、理学療法士の金子とトレーナーの中澤です。 今回は、成長期のスポーツ選手で多くみられるジャンパー膝について紹介します。 ジャンパー膝とは ジャンプ動作が多いバスケやバレーなどで多くみられると言われています。 しかし、この症状は方向転換を行う競技やジャンプや方向転換を行わない競技でも生じることがあります。 成長期だと骨よりも筋肉の成長が遅いため、骨と筋肉の間の腱に負担がかかりやすくなり痛み...

加齢による体のしくみ

こんにちは。 足立区竹の塚にあるわしざわ整形外科スポーツ整形外科リハビリテーション科、 理学療法士の遠藤です。 加齢による体の変化についてご紹介致します。 当院では、理学療法士やアスレティックトレーナーが常駐していますので、患者様1人1人の体の状態に合わせて運動を行ったり、家で出来る運動を指導をしていきます。コロナの影響で運動不足になっていると思いますので、健康な体を維持するためにも運動をしましょう。何かあれば、ご相談...

PAGE TOP